ザ・ペリオドントロジー 第2版
ISBN 978-4-8160-1266-2
定価 9,720円(税720円)
販売価格

9,720円(税720円)

購入数

【編集主幹】和泉雄一 木下淳博 沼部幸博 山本松男
登録情報

【編集委員】梅田誠 小方鮠察仝淕0貲遏<憩淳 澁谷俊昭 島内英俊 高柴正悟
      高橋慶壮 出口眞二 中島啓介 西村英紀 野口俊英 古市保志

A4判・296頁・オールカラー

内容

好評だった初版から、最新データをもとに全面改訂。
歯周病および歯周治療について、基本的事項から最新情報まで、体系的かつコンパクトにまとめた好評書籍の改訂版。新章として、「ライフステージを通じた歯周治療」、「歯周病の予防管理」を追加。読みやすいページレイアウトで国家試験対策にも対応した、歯周病学を学ぶための必携書。

目次

第1章 歯周病を正しく理解するための基礎知識
1. 歯周病について
2. 歯周組織の解剖・組織学
3. 歯周組織の生理学
4. 歯周病の病理組織学的変化
5. 歯周病の細菌学
 アドバンス編 バイオフィルム
6. 歯周病の免疫学
7. 歯周病の生化学
8. 歯周組織の治癒と再生
 アドバンス編 歯槽骨の吸収

第2章 歯周病のリスクファクター
1. 歯周病のリスクファクター
2. 細菌因子
3. 環境因子
4. 宿主因子(生体応答因子)
 アドバンス編 歯周病における咬合性外傷の影響
5. 生活習慣病と歯周病のリスク

第3章 検査,診断と治療
1. 歯周病の分類と診断
2. 歯周病の検査
 アドバンス編 歯槽骨欠損の分類
 アドバンス編 歯周病の活動性

第4章 歯周炎および慢性歯周炎における治療法
I.歯周基本治療と再評価
1. 一口腔単位の歯周治療の進め方
2. 歯周基本治療とは
3. 応急処置(急性歯肉膿瘍・歯周膿瘍に対する処置)
4. モチベーション
5. プラークコントロール
6. スケーリング・ルートプレーニング
 アドバンス編 象牙質知覚過敏
7. 暫間固定
8. 咬合調整
 アドバンス編 咬合調整の原則
9. 歯内と歯周病変の関係
10. 抜歯の判定基準
11. その他の治療
12. 再評価
II.歯周外科治療
1. 歯周外科治療の目的と基本事項
2. 組織付着療法
3. 切除療法
4. 歯周組織再生療法
 アドバンス編 増殖因子と歯周治療
5. 歯周形成手術(歯肉歯槽粘膜形成術)
 アドバンス編 Miller の歯肉退縮の分類
6. 根分岐部病変
III.口腔機能回復治療
1. 矯正治療
2. 歯周治療での修復・補綴治療
3. インプラント治療
IV.メインテナンス
1. メインテナンス
V.その他の治療
1. 薬物療法
2. レーザー

第5章 ライフステージを通じた歯周治療
1. 小児の歯周病
2. 思春期の歯周病
3. 女性の歯周病(妊娠性歯肉炎:妊娠と関連する歯肉炎)
4. 高齢者の歯周病

第6章 歯周病の疫学
1. 歯周病の疫学

第7章 歯周病の予防管理
1. ライフステージと歯周病
2. 歯科関係者と多職種との連携

第8章 特殊な歯周病
1. 喫煙関連歯周炎
2. 壊死性潰瘍性歯肉炎・歯周炎
3. 急性ヘルペス性歯肉口内炎
4. 慢性剝離性歯肉炎
5. 歯肉線維腫症
6. 薬物性歯肉増殖症
7. Down 症候群と歯周炎
8. 低ホスファターゼ症
9. Papillon-Lefèvre 症候群(PLS)による歯周炎
 アドバンス編 Papillon-Lefèvre 症候群(PLS)とカテプシンC
10. 良性腫瘍と悪性腫瘍との鑑別診断
11. 白血病性歯肉炎
12. Chédiak–Higashi 症候群

第9章 ペリオドンタルメディシン
1. ペリオドンタルメディシンの定義
2. 歯周病と糖尿病
3. 歯周病と肥満
4. 歯周病と動脈疾患(動脈硬化疾患)
5. 歯周病と骨粗鬆症
6. 歯周病と早産・低体重児出産
7. 歯周病と誤嚥性肺炎
8. 歯周病と関節リウマチ

第10章 歯周組織の特発病変への対応
1. 突発的な歯の動揺
2. 歯の挺出
3. 急激な腫脹や膿瘍形成の処置
4. 歯周治療に関連する肉芽組織の異常増殖の対策
5. 歯周外科処置後における持続性出血の対策
6. 急性および慢性疼痛
7. ポケットの再発
8. その他の特発的な歯周組織の変化

索引
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける