person_add_alt_1 新規会員登録   |   vpn_key マイアカウント
歯科衛生士講座 歯周病学 第5版

この商品に登録されているタグ

歯科衛生士
ISBN 978-4-8160-1382-9
定価 3,500円(税込3,850円)
販売価格

3,500円(税込3,850円)

購入数





登録情報


【編集主幹】沼部幸博 齋藤淳 梅田誠
【編集委員】石井里加子 佐藤陽子 野村正子

■B5判 ■オールカラー ■256頁 ■2021年1月


内容


歯科衛生士免許の取得を目指している方々の知識・技能・態度向上に役立ち、また臨床現場で活躍されている歯科衛生士さんにとって、知識の整理・確認につながる一冊。
歯科衛生士への復職を考えている方々にとっても、歯周病学の再履修と、現在の臨床現場の現状把握に応用できます。
卒前教育の教育現場だけでなく、臨床現場での指南書としての利用にも対応させています。
改訂にあたり、ここ数年で新しくなった知見や、最新情報を盛り込みました。

第5版では、「歯科衛生士国家試験出題基準」と本書との対照表を、
弊社のWEBサイト内「追加情報」に掲載しております。ぜひご活用ください。


目次


第1部 基礎編
第1章 わが国の歯周病の現状
 1.わが国の歯周病の現状
 2.歯周病の病態と発症
 
第2章 歯周組織の解剖・組織
 1.歯肉
  〇肉と歯槽粘膜  /∋肉上皮  /歯肉結合組織(歯肉固有層)  /せ槽粘膜 
 2.歯槽骨
  仝罵歯槽骨  /∋抻歯槽骨 
 3.歯根膜(歯周靱帯)
  〆挧成分  /∪維成分 
 4.セメント質
  〔戯挧Ε札瓮鵐伴繊 /∈挧性セメント質

第3章 歯周組織の生理
 1.歯肉と歯の付着
  ‐緘蘋付着  /∪維性付着 
 2.歯の生理的近心移動
 3.咬合
  〈合の定義  /下顎位

第4章 歯周病の病理
 1.歯周組織の病変
  〇肉炎  /∋周炎 
 2.萎縮
  〇肉退縮
歯周病科の現場から
  歯周治療における歯科衛生士の業務範囲

第2部 臨床編
第1章 歯周病の病因
 1.歯周病の発病因子
   ̄蠑匹砲茲觧周組織の病態  /∋周病の原因
 2.病因の分類
  ―虍因子(直接因子)  /⊇ぞ因子(増悪因子)
 
第2章 歯周病のリスクファクター
 1.リスクファクターとは
 2.歯周病のリスクファクター
  〆拔欅子  /⊇票膂子(全身的因子、局所的因子)  /4超因子
 
第3章 歯周病の徴候と病態
 1.ポケットの形成
 2.ポケットの種類・様相の分類
  ‐緘蘋付着部の位置による分類  /▲櫂吋奪箸瞭霑反ナ匹塙伝反ナ
 3.歯肉の発赤・腫脹
 4.歯肉の増殖と退縮
  〇肉の増殖と肥大  /∋肉退縮
 5.ポケットからの排膿と歯肉溝滲出液(GCF)の増加
  ±出のメカニズム  /∋肉溝滲出液の内容物と排膿  /歯肉溝滲出液の功罪
 6.アタッチメントロス(付着の喪失)
  .▲織奪船瓮鵐肇蹈垢肇▲織奪船瓮鵐肇殴ぅ鵝 /⇔彎嘉アタッチメントレベル測定の意義  /ポケットデプスとアタッチメントレベル 
 7.歯の病的動揺
  〇の動揺度の判定基準  /動揺度を変化させる因子
 8.歯槽骨の吸収
  〇槽骨吸収の原因  /∋槽骨吸収のタイプ  /歯槽骨の吸収形態  /せ槽骨の形態異常
 9.根分岐部病変
  〆分岐部病変の原因
 10.口臭
  仝臭症の国際分類  /∪戸的口臭  /I妥口臭  /げ樟口臭、口臭恐怖症

第4章 歯周病の分類と臨床的特徴ならびに対応
 1.歯周病の分類
 2.各種歯周病の特徴・原因、症状・処置
  〇肉病変  /∋周炎  /2死性歯周疾患  /せ周組織の膿瘍  /セ周−歯内病変  /歯肉退縮  /б合性外傷
歯周病科の現場から
  歯周病の新分類について

第5章 歯周病の検査と診断
 1.検査の意義・目的
  仝〆困琉婬繊 /検査の目的  /3銅鏝〆
 2.歯周組織周囲の検査
  〇周組織検査  /▲┘奪ス線検査  /歯列・咬合状態の検査  /ず拔歙因子の検査  /コ綾性因子の検査  /Ω腔習癖の検査
 3.その他の検査
  仝臭の検査  /疫学的指数を用いた検査  /先進的な歯周病の検査
 4.診断の意義・目的

第6章 歯周病の予防と治療 治療計画の立案
 1.歯周病の予防
  〇周病予防の考え方  /∋周病予防の具体的な手段
 2.歯周治療の原則、治療計画の立案
  ーN鼎隆靄榲考え方  /⊆N鼎凌覆疂  /治療計画の意義と立案の原則  /せ周治療への患者の導入

第7章 歯周基本治療
 1.意義と目的
 2.歯周基本治療の内容
  ゞ杁渊菽屬帆歓箸悗稜枸検 /▲廛蕁璽コントロール  /スケーリング・ルートプレーニング  /せ周ポケット搔爬  /セ担峺把蝓 /ε面の咬合確保  /б合調整  /┐蝕・歯内治療  /習癖の改善  /矯正治療  /保存不可能な歯の抜歯
歯周病科の現場から
  手用スケーラーと超音波スケーラーの臨床的評価

第8章 再評価
 1.歯周基本治療後の再評価
  〔榲  /検査項目
 2.治療計画の修正
 3.メインテナンス・SPT 移行前の再評価

第9章 歯周外科治療
 1.総論
  〇周外科の意義・目的  /軟組織の創傷治癒  /歯周外科治療の要件  /せ周外科治療の種類
 2.各論
  〇周外科治療器具  /∩反ド嫦緡屠  /歯周組織再生療法  /だ攴療法  /セ周形成手術

第10章 根分岐部病変の処置
 1.根分岐部病変の検査と治療方針
  〆分岐部病変の検査  /∈分岐部病変の治療方針
 2.根分岐部の処置法
  〇根の保存療法  /∋根の分割抜去療法  /歯周外科治療後の再評価

第11章 歯周治療における口腔機能回復治療
 1.永久固定と欠損補綴
   ̄糞弩把蠅箸蓮 /永久固定の目的  /1糞弩把蠅療応症  /じ把蠅亮鑪燹 /セ科衛生士の役割  /Ψ臑司篦
 2.歯周−矯正治療
  〔榲と意義  /⊂矯正治療  /歯科衛生士の役割  /な歡蝓 /セ周組織の反応

第12章 インプラント治療と周囲疾患
 1.インプラント周囲組織と周囲疾患
  .ぅ鵐廛薀鵐伴囲組織  /▲ぅ鵐廛薀鵐伴囲疾患  /インプラント周囲組織の検査
 2.インプラント周囲組織のメインテナンスと治療
  .ぅ鵐廛薀鵐伴N展紊離瓮ぅ鵐謄淵鵐后supportive therapy)  /▲ぅ鵐廛薀鵐伴囲粘膜炎とインプラント周囲炎の治療
 3.インプラント治療における歯科衛生士の役割

第13章 薬物療法
 1.歯周治療に用いられる薬剤とその効果
 2.目的
 3.全身に用いられる薬剤とその用法
  々涯殘堯 /⊂単蟾攸婆堯 /D団北堯δ胆徒
 4.局所に用いられる薬剤とその用法
  \口剤  /▲櫂吋奪汎眄浄薬  /6表蠹鰭枡霍僉 /せ周ポケット内注入軟膏

第14章 メインテナンスとSPT
 1.メインテナンスとSPT
 2.メインテナンスとSPT の意義、目的
 3.メインテナンスとSPT の方法
  .瓮ぅ鵐謄淵鵐垢諒法  / SPT の方法
 4.リコールとは
  .螢魁璽襪了期  /▲螢魁璽襪隆岾屬侶萃衢廾

第15章 ペリオドンタルメディシン
 1.ペリオドンタルメディシンとは
  .撻螢ドンタルメディシンとは  /▲撻螢ドンタルメディシンの基本概念
 2.歯周病とその他の全身疾患
  〇周病と糖尿病  /∋周病と肥満  /循環器疾患  /せ周病と骨粗鬆症  /チ畛此δ秣僚纏出産  /歯周病と誤嚥性肺炎  /Щ周病と関節リウマチ
歯周病科の現場から
  ペリオドンタルメディシンとモチベーション

第16章 高齢者の歯周治療
 1.高齢歯周病患者の特徴
 2.高齢者に対する歯周治療の概念
 3.歯周治療の留意点
  〜歓半態の把握  /的確な予後の判定  /常用薬物の確認
 4.歯周治療の進め方
  .廛蕁璽コントロール  /▲好院璽螢鵐亜Ε襦璽肇廛譟璽縫鵐亜SRP)  /R合調整  /せ冠修復、欠損補綴装着者への対処
歯周病科の現場から
  障害児者における口腔保健のスペシャルニーズについて

第17章 歯周治療におけるチーム医療
 1.歯周治療とチーム医療
  .繊璽燹憤緡邸縫▲廛蹇璽舛箸蓮 /∋科診療におけるチームアプローチ  /歯周治療におけるチームアプローチ
 2.歯周治療の流れにおける歯科衛生士の役割
  〇周組織検査、診断における役割  /∋周基本治療における役割  /歯周外科治療における役割  /ぅ瓮ぅ鵐謄淵鵐后SPT における役割  /ゾ霾鹽礎と歯科衛生士業務記録
 3.歯科衛生ケアプロセス(歯科衛生過程)
  〇科衛生ケアプロセスとは  /∋科衛生ケアプロセスの構成要素  /歯科衛生ケアプロセスと歯周治療
  
索引