person_add_alt_1 新規会員登録   |   vpn_key マイアカウント
栗が風を運んだ 菓子店と農家が創る地域ブランディング

この商品に登録されているタグ

待合室にオススメ
ISBN 978-4-8160-1397-3
定価 1,800円(税込1,980円)
販売価格

1,800円(税込1,980円)

購入数



登録情報


【著】鎌田真悟

■四六判 ■240頁 ■2021年8月


内容


「地元の栗を使ってこその銘菓ではないのか?」
30年かけて年商を30倍に伸ばした、栗きんとんの有名店・恵那川上屋のビジネス戦略とは。
地域ブランド「超特選恵那栗」誕生秘話から、新たな可能性を見据えたイノベーションへ!

もくじ


はじめに
序章  栗菓子の里だけれど栗の里ではなかった  ─恵那栗事情、今昔
第1章 常識やぶりのマーケティング戦略  ─自ら追いつめられる状況をつくり奮闘
第2章 恵那山の麓から地域ブランドの構築と拡大  ─地域ブランドの根幹を創造する
第3章 農商工連携でふるさとの食文化を提供する  ─農業生産法人「恵那栗」
第4章 東美濃から全国へ地域素材のブランディング  ─つくりあげた仕組みを他地域で展開
第5章 事業承継の基礎  ─「達成・進化・継続」させる組織づくり
終章  サプライチェーンからバリューチェーンへ ─語り継がれる経験法則