口腔の緩和医療・緩和ケア ―がん患者・非がん疾患患者と向き合う 診断・治療・ケアの実際―
ISBN 978-4-8160-1259-4
定価 5,400円(税400円)
販売価格

5,400円(税400円)

購入数


登録情報


監修:杉原一正/岩渕博史

編集:大田洋二郎/阪口英夫/平野浩彦



■B5判 ■カラー ■232頁



内容


緩和医療の中でも、口腔領域について包括したはじめての本。がん患者と非がん疾患患者の、口腔の緩和医療・ケアについて詳細にわかりやすくまとめた。口腔の悩みや苦痛を抱えるすべての患者の緩和に役立つ!

「知っておきたい!口腔カンジダ症」と一緒に読むと、より実践に役立つ。



目次


第1章 緩和医療総論

  1 緩和医療・緩和ケアとは

2 がん患者の緩和医療とは

   1 がんの緩和医療・ケアの特徴

   2 歯科・口腔外科診療とがんの緩和医療・ケアの関わり

   3 症状の評価とマネジメント

   4 チーム医療

  3 非がん疾患患者の緩和医療とは

   1 対象となる疾患と特徴

   2 非がん疾患の軌道

   3 非がん疾患患者の苦痛と緩和医療・ケア



第2章 口腔の緩和医療で必要な口腔疾患の基礎知識

  1 歯周疾患

  2 口腔乾燥(口渇)

  3 口腔カンジダ症

  4 味覚異常

  5 義歯・歯の疾患

  6 口内炎・粘膜炎

  7 終末期に生じる摂食・嚥下障害

  8 小児患児の口腔管理



第3章 がん治療期患者における口腔の緩和医療

  1 がん患者における口腔緩和医療総論

   1 がん化学療法患者

   2 放射線治療患者

   3 造血幹細胞移植患者

  2 各症状別の口腔緩和医療(診断・対処法)

   1 感染対策(日和見感染症)

   2 口腔乾燥(口渇)

   3 味覚異常

 4 歯周疾患・義歯・歯の疾患

   5 がん化学療法・放射線療法中の口腔粘膜炎

   6 口腔の疼痛

   7 がんリハビリテーション

   8 摂食・嚥下障害(補助床)



第4章 がん終末期患者における口腔の緩和医療

  1 がん終末期患者の歯科的ニーズ総論

  2 がん終末期患者における口腔緩和医療(診断・対処法)

   1 感染対策(日和見感染症)

   2 口腔乾燥(口渇)

   3 歯周疾患

   4 義歯・歯の疾患

   5 口内炎・粘膜炎

   6 出血・口臭

   7 リハビリテーション

   8 神経ブロック

   9 保存か抜歯か? 義歯製作による摂食状態の改善



第5章 各病期におけるがん患者の口腔の緩和ケア

  1 疼痛が強い場合

  2 嘔気・嘔吐が強い場合

  3 出血がみられる場合

  4 乾燥が強い場合

  5 重度粘膜炎がある場合

  6 易感染性の場合

  7 出血傾向がある場合

  8 造血幹細胞移植患者の口腔管理

  9 口臭



第6章 非がん疾患患者の口腔の緩和医療総論

  1 非がん疾患患者の口腔領域における緩和医療・緩和ケアの視点

  2 疾患別の経過と予後とその対応

   1 認知症 認知症の摂食・嚥下障害

   2 認知症◆Ы末期にある認知症患者の食支援

   3 神経難病(筋萎縮性側索硬化症:ALSなど)

   4 HIV感染症、AIDS

   5 その他の非がん疾患

  3 非がん疾患患者における口腔のトラブル

  4 緩和医療・緩和ケアにおける義歯治療の考え方

  5 訪問歯科医療における終末期患者への対応



第7章 各非がん疾患患者の口腔の緩和医療・緩和ケアの実際

  1 非がん疾患患者の口腔の緩和医療

   1 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の口腔管理方法

   2 進行性神経変性疾患への対応―誤嚥防止術―

   3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)終末期患者に対する口腔管理

   4 筋ジストロフィー患者の口腔管理

   5 症例からみる訪問歯科医療における終末期患者への対応

  2 非がん疾患患者の口腔の緩和ケア

   1 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の口腔の緩和ケア

   2 認知症患者の口腔の緩和ケア

   3 特別養護老人ホームでの非がん疾患終末期

   4 介護老人保健施設における終末期口腔のケア



第8章 死生学とグリーフケア

  1 口腔ケアと死生学

  2 グリーフケア

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける