治療用義歯を用いた総義歯臨床
ISBN 978-4-8160-1270-9
定価 4,968円(税368円)
販売価格

4,968円(税368円)

購入数


登録内容


【編著】深水皓三

【著】阿部伸一 堤嵩詞 岡田尚士



A4判・144頁・オールカラー



内容


長年にわたり総義歯臨床を手がけてきた深水皓三氏が、総義歯治療のための知識・理論・技術について豊富な症例とわかりやすいイラストで説明したカラーアトラス。治療用義歯を用いて「術者ができること・すべきこと」と、「患者の生体が作り上げること」を峻別し、より機能する総義歯臨床を実現するためのノウハウを提示する。



目次


序文



Case Photographs −the Complete Denture Clinical

深水皓三/執筆協力:堤 嵩詞



● アングル亀 — 歯医者がいやだったが、今は治療に行く日が楽しい患者の症例 —

● アングル亀 — 卦虱佑梁亞楷愀犬鮗┐垢曚瓢槽骨吸収した症例 —

● アングル亀 —15日間で総義歯治療を完了した症例 —

● アングル教1類 — ピーナッツのかけらが痛い症例 —

● アングル教1類 — 顔貌所見は亀蕕両瀕 —

● アングル教2類 — 25年の長期症例 —

● アングル卦 — 原則から外れ前方に人工歯排列を行った症例 —

● アングル卦 — 難易度5、下顎前突の症例 —

● 同一患者の総義歯を師匠と弟子が同時製作 — 異なる製作法による共演 —



Sequence

治療用義歯による総義歯治療システムの流れ

— 治療による顔の変遷 —

深水皓三



第1章

無歯顎患者の総義歯治療を始める前に知っておくこと

深水皓三



第2章

総義歯治療のための解剖学

阿部伸一



第3章

総義歯治療に求められる維持・支持・筋平衡

深水皓三



第4章

総義歯治療に求められる咬合平衡

深水皓三/執筆協力:堤 嵩詞



第5章

総義歯治療に求められる印象採得と咬合採得

深水皓三/執筆協力:市川 淳/松永 智



第6章

総義歯製作法(ラボサイドの考え方とその手法)

堤 嵩詞



第7章

総義歯のための歯科材料学

岡田尚士



参考文献





Column



総義歯治療における治療用義歯の役割(なぜ咀嚼運動が必要か)

総義歯治療とは

咬合平衡と動的平衡(咬交平衡)

動的平衡 

ヒトの顎口腔系 

アングル不正咬合分類 

総義歯治療におけるデンチャースペースとニュートラルゾーンの大切さ

アングルIII級の対顎関係についての考察 

無歯顎患者の咬合タイプ

治療用義歯の生理的意義
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける